太陽光発電のメリット

環境にやさしいだけでなく、経済効果も期待できます。

メリット1.省エネから創エネへ

太陽光発電は、地球環境に配慮し、ご家庭の高熱費をグーンと節約します。また、太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、上手に省エネを実現します。オール電化住宅の場合、「季節別時間帯別電灯」の電灯契約を電力会社と結ぶ事が出来ます。
「季節別時間帯別電灯」とは、季節や電気を使用する時間帯で料金が変わる料金メニューです。例えば、夜間には、夜間割引で電気科がお安くなり、オール電化住宅の場合、さらに割引になります。
昼間は電気代が割高になりますので、太陽光発電で創った電気を使います。余った電気(=余剰電力量)は、電力会社に売る(売電)ことができます。ご家庭が、1つの発電所の基地となります。

EPT(エネルギーペイバックタイム) 約1.5年でエネルギー回収
エネルギーペイバックタイム(EPT)とは、太陽電池の千三時に必要とするエネルギー量をその太陽電池が発電するエネルギーによって何年間で改修できるかを数値で示したものです。
京セラの製造している多結晶シリコン太陽電池の場合、太陽電池の生産規模にもよりますが、年間30MWの生産を行う場合、EPTは2.2年、年間100MWの生産を行う場合、EPTは1.5年、との試算がなされています(「太陽光発電評価の調査研究」平成8年度、NEDO委託業務(太陽光発電技術研究組合受託)成果報告書による)。
また、今後、生産規模の拡大及び発電性能向上が進んだ場合には、さらにEPTは短くなるものと予想されています。

メリット2.ご家庭の省エネ・環境の意識も高まります。

太陽光発電モニタ(エコノナビットii)をご使用されると、リアルタイムで発電電力と節電電力をチェックできます。
環境モニタ画面では、発電を開始してからの総積算発電電力量により、ソーラーカーで走行できる目安の距離を、地球周回にたとえてアニメーションで楽しく表示します。
また、我が家の省エネ度とその目標が設定できる「省エネ生活アシスト機能」を搭載し、パソコンと接続すれば、電力データの保管や管理が可能になります。さらにお気に入りの写真をパソコンから取込み、オリジナルな壁紙にしたり、フォトスタンドとして使えたりします。外出時に表示画面の電力量をチェックし、普段の消費電力との数値の違いを見るだけで、家中の電気の切り忘れを確認できるので安心です。

システム設置による驚くべき効果
住宅用ソーラー発電システムを設置すれば、家庭がクリーンな発電所になります。
家庭のソーラー発電所が化石燃料の保全と二酸化炭素の排出量削減をもたらします。

メリット3.災害時にも活用できます!

地震、台風などの自然災害により停電になった場合でも、太陽光発電の電気を供給ができます。太陽光電池モジュールからの直流電力をご家庭で使える交流電力に変換するパワーコンディショナ(エコノラインEX)は、非常電源用コンセントを装備し、太陽光さえあれば日射量に応じて発電した電力を非常電源として使用できます。(最大出力:1.5kVA)

メリット4.断熱効果を発揮します。

太陽光発電パネルを設置するとパネルが断熱効果を発揮し、夏は涼しく冬は暖かく過ごす事ができます。

ページの先頭へ