導入費用について

一生に一度だから絶対に失敗したくない
とはお客様からよくお聞きする声ですが、決して安くはない買い物なので当然のことです。
絶対に失敗しないためには、まず太陽光発電について知る必要があります。
ここでは太陽光発電導入に関係する基礎知識をご説明します。


導入費用について


太陽光発電の導入で一番気になるのは導入費用とその回収期間です。
ここではその一番気になる点をご説明していきます。

何年でもとが取れるの?
導入の費用は一般的なご家庭(3.59kw)で250万円です。
補助金や電力買取制度などを利用することで、10~15年でもとが取れると試算されています。

格メーカー料金は異なります。お客様のご要望に合わせて提案させていただきます!!
まず、はご相談を!!

▼ご相談はこちらから!

サンベストの画像です。

▼Panasonic (サンベスト)
デザイン性と経済性(低コスト)にさらに磨きをかけました。『わが家de発電』

Sunsiestaの画像です。

▼長州産業 (Sunsiesta)
設置面積当たりの発電量トップクラス。
世界最高レベルの発電性能公称最大出力210W

DIAMONDSOLARの画像です。
▼三菱電機 (DIAMONDSOLAR)
大出力185Wモジュールも好評。二つの高性能を組み合わせて、我が家も「最高」発電へ。

あなたのご自宅の設置価格は?


新エネルギー財団によると住宅用太陽光発電の1kWあたりの平均価格は工事費込みで69.6万円です。一般的なご家庭の平均電力容量は3.59kWなので、平均的なシステム価格は約250万円になります。

システム価格=1kWあたり69.6万円×設置容量

補助金を利用すれば、さらに安くすることが可能です。

ただし、これはあくまで平均価格なので、それよりも安くなる場合もあれば、高くなってしまう場合もあります。なぜなら、ご自宅の屋根の種類、構造、地域の気候によって、工事内容が違ってくるからです。屋根に直接金具を打って設置する場合もあれば、専用架台の設置やそれを支えるための基礎工事、防水工事が必要になる場合もあります。

さらに屋根の形状・面積、建物の方位などによって発電容量も違ってくるので、2kW台のご自宅もあれば、4kW台のご自宅もあるということです。

▼詳しくはお問い合わせから

導入にかかわる具体的な費用内訳

機器費用
太陽電池モジュール
(枚数や性能で発電量が違います。)
屋根用架台
(太陽電池モジュールを屋根に設置するための架台です。)
パワーコンディショナ
(太陽電池モジュールで発電した直流電力を、家庭で使用できる交流電力に効率よく変換する装置です。)
モニターリモコン
(太陽光発電の発電量、毎月の電気代を表示するモニターです。)
専用ケーブル
(発電した電気を送るためのケーブルです。)
売電メーター 
(売電用のメーターです。)
工事費用

太陽光発電設置のための電気工事と設置工事です。必要な工事は以下の通りです。

電気配線工事費
架台据付工事費
太陽電池モジュール据付工事費
モニター据付工事費
その他費用

電気契約やメーカーの10年保証金、補助金申請などその他諸々の書類手続き。

竣工検査立会費
申請手続き
メーカーの10年保証加入金

太陽光発電って何年でもとが取れるの?

一般的には10年~20年で回収が可能と言われています。
これだけ幅があるのは、初期費用や発電量、年間の電気代等が影響してくるからです。
以下の計算式で、いったいいつもとが取れるのかを算出することができます。

減価償却年数 = 初期費用 ÷ 年間の削減光熱費

減価償却年数:何年でもとが取れるのか?
初期費用:太陽電池、工事、付属機器、各種申請などにかかる費用
年間の削減光熱費:ガス代や電気代削減費、一年間の売電費

(例) 初期費用260万÷年間削減光熱費15万円=17.3年

初期費用はもちろんのこと、太陽光発電の耐久期間、電気料金メニューの見直しなど、担当者と相談しながら、もとをとるためのシミュレーションをしましょう。
太陽光発電の耐久年数は30年と言われています。
つまり回収に20年かかったとしても、以後10年間は、家計は楽になるうえに、環境に対する負荷も軽減できるので導入の価値はあるのではないでしょうか?

ソーラーローンのご利用

ソーラーローンとは?

ソーラーローンとはその名の通り、太陽光発電システムの設置費用を目的としたローンのことを指します。引き受け先は銀行や信販会社など、一般のローンと変わりません。
特徴としては、普通にローンを組むより金利面で優遇されているということです。
さらに、ご家庭によってはソーラーローンを利用することで、光熱費を削減したお金でローンを返済することも可能です。

例えば、毎月ガス代と合わせて毎月30000円の光熱費がかかっている方がいたとします。太陽光発電とオール電化との組み合わせによっては、毎月の光熱費を15000円ほどに抑えることが期待できるので、毎月のローン支払額をそれに合わせて15000円にしたとすれば・・・

結局は設置前と負担額は変わらないということです。もちろんローンが終われば月々の支払いが15000円安くなるというわけです。

電気代 ガス代 削減額 月間光熱費 ローン支払い額 年間光熱費+ローン
設置前の光熱費 15,000円 15,000円 30,000円 360,000円
設置後の光熱費 15,000円 0円 15,000円 15,000円 15,000円 360,000円
ローン終了後 15,000円 0円 15,000円 15,000円 180,000円
ソーラーローンはリフォーム資金にも利用できる

ソーラーローンは太陽光発電導入時にご自宅のリフォームを兼ねる方の場合、その資金として利用することもできます。
まずは、相談して下さい。

▼ご相談はこちらから

ページの先頭へ